S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Search this site

旭川のクリーニング店 丸み酒井クリーニングの社長ブログへようこそ。クリーニングのことをはじめ、旭川を中心とした色々な情報を発信してまいります。どうぞお付合いください!
今日は剣道連盟の稽古日。自分のための稽古です。
週一回の稽古日、この日はなるべく基本練習に間に合うように稽古に行きます。

自分の基本をしっかり練習し、子供達に教えるためにも、まずは自分ができるようにならないと、ちゃんと教えることが出来ないと思うからです。

まずは自分がしっかり学んで、それを伝えるよう努力しています。

今日は私の同期の7段先生のY先生の指導でした。若干の注意を受けましたが、彼のいうことはなぜか素直に直そうと努力します。それなりにこの道で苦労し、的確なアドバイスをいただけるのです。

その後ろには、私の中学時代にご指導を受けた、範師がしっかり目を光らせていることも真剣さを更に増幅させます。

その後元立ち稽古では、尊敬するN先生にかかって行きました。今日も3センチの間合いをご指導受けましたが、
今日は体と竹刀をフルに使ってわかりやすく教えていただきました。なるほど、という感覚で、早速次の先生に試してみると、

少し手応えをつかめた感じがします。ありがとうございました。

ここ数回の稽古で、少々気づきがあり、剣道が少し良くなってきている感じがあります。この気づきを更に確立させていければとまた日々稽古ですね。

稽古は常に課題を持って望みたいものです。これも子供達に伝えたい一つです。

 
posted by yuuji-s | 23:11 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
昨日の剣道連盟の稽古で、昔からお世話になっている先生に挑戦
幼少からのお世話になっているT先生。私の辛い稽古を沢山してくださった先生の一人です。

今だにそのトラウマから、先生に稽古をお願いする時の緊張感や、全て整えないとなかなか稽古に並べないという先生で、
私の小さな体で今でも十分大きな体の相手に対等に当たり負けをしないのもこの先生のご指導でした。

また、正しい掛かり稽古のし方や、元立ち先生に掛かる時の礼儀等、先生に教えていただいたことは数知れずの先生です。

き昨日は前回気持ちを整えながらも時間切れで稽古出来なかったということもあり、今日こそはとまた新たに稽古をお願いしました。

稽古の順番になり、よっしゃ〜と立ち会いましたが案の定まるで子供扱い、しまいには掛かり稽古かと思いきや私の体力も考えていただいたこともあり、3本くらい打ち込んだところで、ニヤニヤしながら終わっていただきました。

私はそれだけでもバテバテ、途中何本も打たせていただき逆にそれがものすごく実践的な基本練習になりました。

こんな形で、基本の練習が混ぜられる稽古は素晴らしいも元立ちだなーと改めて先生の奥深さを感じた稽古でした。

次はいついけるかな〜行くまでにまた全て整えないと今だに掛かれない先生です。

ありがとうございます。
posted by yuuji-s | 15:00 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
先日の飲み会で知った恩師の指導者魂
私の幼少時代の恩師に今も剣道のお世話になっているのですが、久しぶりに飲み会の席にお見えになり、先生から遠い席で、先生の昔のお話を別な先生から聞くことができました。

私の幼少時代、いろいろな大会に出てきましたが、今一歩で、優勝旗に手が届かないことが多く、必ず良いところで負けたりしていました。

今時の大会では、昔もそうでしたが、会場の片隅に選手を集め、指導者や、監督という日頃その道場で教えている先生が選手に

あれが悪いとか、こうすればよかったとか、今度はこうした方が勝てるぞとか、いろいろ指導や注意をしている光景が見られます。

ところが私はその記憶がありません。アドバイスがあったとしたら、「前に前に行くんだぞ」ぐらいでした。

負けた時など特に何もなく残念だったという目をしているだけでした。
その理由をある先生が聞いたところ、「負けたのは、指導者の教え方が悪かっただけで、勝たせることができなくて申し訳ない気持ちだ。」とおっしゃっていたそうです。

指導者とはこれですよね。子供達を勝たすことのできない指導者の責任だというのです。その重さを背負うことが大切だということですね。

逆に考えると、今だに勝つことのできない私の道場も私たちが頑張れば、勝たせることもできるということです。

なんとか勝つことのできる良い道場を作れるよう頑張っていこうと思います

その後、大抵帰りのマイクロバスでは、少々先生にお酒も入り、いろいろくどいほどご指導を受けながら、我々はいつも帰ってきたというオチもありますが・・・・・

勝った負けたは指導者の責任であるという先生の教えをこれからは目指して頑張っていきたいと思います。

因みに、その時代優勝旗を持ってきたひとつに、赤胴大会の小学生団体戦があったことは私の誇りの一つです。ムフフフ
posted by yuuji-s | 21:10 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
今日は剣道連盟の稽古日。O先生に驚きと感謝です
いつものように一番最初にO先生の元に稽古に行きます。

私の幼少期から尊敬している先生です。

この先生から習う機会を学生時代に剣道というものから離れたいがため、自分でなくしてしまっていた時代がありました。

その時代を取り戻したいと思い、今、真剣に剣道と向き合う気持ちになった私は、吸収することのできなかったO先生からの指導を受けたいと、いつも稽古をしていただいています。

私はここひと月くらい、前に出れなくなっていまして悩んでいまた、居着いてしまうのです。竹刀が少々重くなった事が原因かとも思っていました。

今日の稽古はそこを克服することを目標に望んでいました。

いつもの通り稽古をしていただき、いつものごとく終わると思いきや、今日はじっくり間合いの詰め方を教えていただきました。
何回も稽古をしていただいていますが、O先生は、たまにしかアドバイスをいただけません。

そうなのです今日は久しぶりにじっくりアドバイスをいただきました。

その時はなかなかできないのですが、アドバイスを消化しながら稽古を終わり、
次の先生の稽古に移ってびっくり!!

今まで失っていた攻撃的な剣道を取り戻し始めてきました。前に出れるのです。

悩んでいたことが、O先生のアドバイスで戻ったのです。何も聞いていないのに悩んでいる解決を教えてくれたのです。

幼少の頃、恩師からも稽古の後に悩みを言い当てられたことがありましたが、その感覚なのです。

やはりここまでくるとわかるんですね。

私も剣道を見て相手の状況が分かる域に達するまでこれからも真剣に取り組んで行きたいと思いました。

O先生今日もありがとうございました。
posted by yuuji-s | 23:07 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
旭川剣道連盟の練習日でしたが今日はやられた感満載です。
少々基本練習に間に合わなかったところから今日の練習が始まりました。

今日はアカンなー〜っていう稽古でした。まずはいつも通り私の先生のところでスタートしましたがどうも最近大振りになってきている自分がいるのです。色気が出て来たと言うか、基本に反していると言うか、更に一歩入る癖が出て来ているのもなんか良くない気がします。

たまに一歩入るのは構わないと思うのですが、少々楽して踏み込み量を甘えている感じがどうも許せないのです。かと言って遠すぎると割れず・・・・・少し我慢してそこをもう一度作らないとダメですね。

次にお願いに行ったのが、前回コテンパンにされた居合道でもお会いしたT先生に行きました。

リベンジも考えながら、今日の目標でしたがこれがまた情けないことにやられた感いっぱいの面をいただいてしまいました。

なんでやねん、っていう言葉がぴったりの離れ際の面でしたが、ほんとにやられた感のある面でした。重い打ちの面ではないのですが、さすがの技でした。

少々天狗になりかけていたせいかとても良い稽古になりました。

最後は、今日が初めて稽古をお願いした、O先生でした。時間もなく最後の稽古でしたので、すぐに一本勝負、

自信を持っていた起こり際の面を鮮やかに決められ数秒で玉砕。

まだまだ稽古不足だなーと感じた今日の稽古でした。

またまた精進しなくては(・・;)

 
posted by yuuji-s | 22:26 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
本日は私の道場の練習日、初心者に教えられます。
私の道場には、現在成人した初心者が4名、子供が1名、そしてもうすぐ防具をつける子供が1名います。

剣道に復帰して3年ほどになりますが、その他今防具をつけている子が2名います。

その人たちを教えることで自分がとても勉強になっているのです。

私も幼少から色々な先生の教えを受け、色々な練習をしてきましたが、その練習の意味や、剣道の形、なぜそうなるのか、
あまり考えず、言われるがまま練習してきましたが、教えることで再確認できるのです。

何故この練習なのか、何故その形なのか、しっかり教えていかないと、全く初めての人には伝わらないのですね。
礼の仕方も、構えの姿勢も、しっかりとしたものを伝えるため自分もやり直すわけなんですね。

上段者にご指導を受けると同じくらい色々なことを初心者から学ぶことができるのです。

ありがたいことですね、

よく「打って反省、打たれて感謝」と言われてますが、私の場合は「乞うて反省、教えて感謝」と言ったことでしょうか。

今の初心者達が、防具をつけて立ち会えるようになる頃、私も更に上達できるように頑張らないと(^ ^)
posted by yuuji-s | 21:53 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
今日三十数年ぶりに範師にいただいた言葉を整理してみます
今日は私の別の師と友人の勧めもあり、旭川剣道連盟唯一の範師に勇気を出して教えを乞うことにしました。

通常6段7段の先生がたまに教えを乞うている姿は拝見してるため、私のような駆け出し者が行ってもダメかなとも思い、一歩引いてしまうのです。

範師は私の中学生時代の担当していただいた先生で、3年間教えていただきました。

今はもう高齢のためじっと週一回の稽古を見に来ていらっしゃいます。

今日は絶妙のタイミングで私がエスコートすることになり、お席に案内している時におっしゃった一言も深いものがありました。

師曰く「今日は良い稽古を見に来たよ。きたない稽古は見たくないね〜」「良い稽古をしなさい」

そこで今日はその流れを大切に勇気を持って
「先生今日は私の稽古も見ていただきたい」と言いますと、稽古の後聞きにきなさいと言われまずは御指導願える権利獲得(^ ^)

さて稽古二本をこなした後、先生のところに行きどうでしょうかと問う。

師曰く「いいもの持ってるからそのまま頑張りなさい。」「打つ時は全て捨てて死ぬ覚悟で打つのです」

私は今自分の中で課題にしていることを聞こうと思い、

「先生、私、内間の打ちをもっと学びたいのですがどうしたら良いでしょう?」
師曰く「打つ機会は一足一刀のみ、内間も遠間もない」

深すぎる。この一言で3年は修行できそうです。

そこをわかった時点で次の教えをいただこうとおもいました。

自分の一足一刀の間はまだ霧の中です。それが解るまでどれだけ沢山の立会いが必要なことか。

その他に理法についても少々教えていただきましたが、今の私の解釈ではここに書くことすら出来なさそうなので、また更に理解してから書きたいと思います。

先生ありがとうございました。今日は素晴らしい稽古日でした。

PS:石川先生、先ほど言い忘れましたが、今日はありがとうございました。範師が石川先生がいいから、かかって行きなさいと言われたので、石川先生と稽古の後に範師の元に教えを乞いに行ったのでした。(^-^)
posted by yuuji-s | 22:42 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
昨日は上川管内の剣道練成大会でしたが普段知らなかった大先輩の素晴らしさを感じた
昨日は上川管内の練成大会で、午前中は北海道から派遣された大先生のご指導、そして午後からは上川管内対旭川の対抗試合が行われました。

例年、二十数人対二十数人の対抗戦で行われ、なんと旭川の現在6連敗中。更に結果をいうと7連敗してしまいました。

そこには普段あまり見ることのないご御高齢の先輩や高段位の先輩達の熱い戦いもありました。中でもいつものニコニコとても優しい先生のO先生の試合で、実は稽古も私はなかなかしたこともなく、立会の姿も今日が初めて拝見させていただき。

凄かった。あの風貌とは天と地の違いの激しい剣道で、立ち姿や、気迫、自然な状況から出る技の切れ
先生が私はこういう剣道をする方とは思ってもいませんでした。

後にお聞きした話だと、元警察だったと聞き二度びっくり
武道はこれでなくてはいけませんね。通常は自然で、いざ試合となると凛とする。

またひとり私の師とする先生が増えました。

機会があれば稽古をお願いしようとおもいます。

その他にも高段者の手の内の素晴らしさを存分に感じ更に稽古をしなくてはと思わされた一日でした。

道から派遣された先生の稽古も素晴らしかったことはまた次の機会に・・・・・
posted by yuuji-s | 10:31 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
本日素晴らしいものをお預かりしました
今日は剣道の旭川連盟の稽古日でした。

私の同期の7段先生が今月から中国に2年ほど行かれます。さすがでしょ。そもそも私と同じ歳の先生方は、

7段や仕事でもかなりの役職になっている人が多いのです。それほど初老ということなのかな?

その7段先生はお父様も居合の先生で、本人は居合道5段の腕も持つ人です。

稽古も終わり、やれやれ今日も充実の練習ができたなーと思っていると、その7段先生が、紙袋を持って私のところに。

「酒井くん、これ親父の使っていた居合着。俺小さくて使えなさそうだから使って。」と、いとも簡単に私にくれるのです。
そのような大切なものを・・・・・一瞬ためらいながら、いただいてしまいました。

旭川の居合道の人口は17人くらいだそうで、そっかーこの居合着を生かすために頑張ろうと、一瞬で決断してありがたくいただきました。

N7段先生、ありがとうございました。剣道と居合道で恥ずかしくない武士の道を一生懸命追求します。

中国にいいる間に一度遊びに行けるといいのですが。

今日は稽古をお願いしたかった先生で残念ながらできなかった先生が二人いて、その一人でした。

その分、その稽古のできなかった二人の先生の立会い稽古を見させていただき、楽しませてもらいました。

結構な迫力でした。おもろかった。
posted by yuuji-s | 22:41 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング
本日は旭川連盟の稽古でしたが後輩の綺麗な面を見た
稽古も後半になり、私のルーティンの中の先生の一人に並んでいる時のこと、

私の前には私の出た高校の名前を着けたTくんというのが並んでいました。

最近私の母校も少し強くなってきてまして、旭川の大会でも3位に食い込んだらしく、さてさてどんな稽古を元立ちの先生とするのか見せてもらおうと思って並んでおりました。

彼の順番がきて、さっそうと構えて立って行きました。

私はまず、着装から大体の剣道を想像して考えてしまうのですが、どう見てもあまり期待のできる着装ではなかったので、

青年らしい剣道だけはしてくれよと、親心で見ていました。

稽古が始まるとびっくり、綺麗な正中線をしっかりとって、残心まで竹刀をしっかりと伸ばす綺麗な面を一本、

そして修行者らしく、面以外の技を打たず、しっかりした面だけでひたすら勝負しておりました。

あの綺麗な伸びのある面は最近の高校生ではあまり見ない感じの真っ直ぐな面。後輩ながら見事な面に自分の未熟ささえ感じながら見ていました。

Tくん、君の面は素晴らしい。私の時代に居た部長で、後に全道の大学の大会で優勝した大先輩の剣スジに似ています。

頑張って母校を盛り上げて欲しいと感じました。
posted by yuuji-s | 22:27 | 剣道 | comments(0) | trackbacks(0) |


【リンク】
 旭川のクリーニング  | しみ抜き 旭川  | 宅配クリーニング